ペットは友達!ーぺっとも!ー

犬の食事

・栄養バランスを考えたドッグフードを選んであげよう!

犬のえさというのは、しっかりと栄養素を把握して与えてあげないといけません。人間と同じえさを与えてしまうと、犬の体調にはかえって悪影響を与えてしまう可能性も無いとは言えません。ドッグフードには、ドライ、セミモイスト、ウェットタイプの3種類がありますので、よく選んで与えましょう☆

・いつからどんなものを与えたらいいの?

大体生後4週間までは基本的には母乳、またはミルクを与えましょう。その後からは、離乳食などを与えると良いでしょう。今は便利な世の中になった物で、離乳食用のドッグフードも販売されていますので、それを利用するのも1つの手です。

生後二ヶ月くらいになったら、栄養価の高い高カロリーな食事を与えると良いでしょう。年齢と共に食事の回数などは変わってきますので、その辺は調べて下さいね。犬種によっても多少変わってくることもあるようなので。

・食事にかかわるしつけもとても大切です!

食事に関わるしつけというのは、食事の時間や量などはいつも一定にするということです。甘い物や塩辛い物を与えてしまうと犬が体調を悪くしたりしてしまいますので避けた方が良いでしょう。犬用のおやつをかじって見ると分かると思うのですが、犬用のおやつには殆ど味が付いていない、と言うか食材のほのかな甘みがするくらいです。この事から分かるように、あまり味付けの濃い食事を与えるのは避けた方が良いでしょう。また、ネギ類なども良くないので、控えてください。人間もペットも健康志向が高まる中で、安心食材を使用したフードも沢山出てきています。例えば国産野菜を使ったフードや無添加ドッグフードで安心なフードもでてきています。健康状態に合わせてフードを選びましょう。
因みに犬のおやつは食べても人間には害が無いので興味のある方は是非(笑)

・犬専用の食器を準備しましょう

犬の種類に応じて食べやすかったり飲みやすい種類の食器を選択することが大切です。食器は毎日洗浄してばい菌が突かないようにしてあげましょう。少しの手間が犬の安全を守るのです☆

 

recommend

植毛を行う

Last update:2017/8/3

topに戻る

    

Copyright(c)petomo!.All Rights Reserved